スノーボードチューン840作業写真・関西・大阪

    □ ペーパーで滑走面の汚れを軽く落とす

    □ ボードはエッジの痛みが酷く焼きの入った部分を落としマシーンで角度を付けをする。

    □ シャプナーでマシーンで研磨した部分をさらに鋭角にエッジを立てる。

    □ トップとテール部分を回転しやすく丸める。

    石を踏みつけて心材まで見えてる大きな傷は溶接仕様の専用器具で埋める。

    □ 一度接着すると剥がれない材料と滑走面とが溶け合って埋めて行く

    □ 最終ストーン仕上げ(ストラクチー)加工
    □ 滑走面の形状が凹凸の場合は綺麗に出来ない場合があります。

    □ 滑走面を暖かめながらWAXを塗り込んで行く。

    □ スクレパーにて表面に付着してるWAXを剥ぎ取る。

    □ ブラッシングにてストラクチャーの溝に入ってるWAXも綺麗に取り除きます。